SPORES 2015 (秋) の結果報告 その1

集合場所の 『道の駅 公方の郷 那珂川』 に朝8時前に集合して、第二回SPORES 2015 のシチュエーション説明を代表の片山敬済が行ったのちに、それぞれの参加者グループのリーダーからご挨拶と、イベント意義を話して頂いて、「支援物資輸送訓練」の一日が始まりました。

12231701_738874512884097_525441270_n

8時20分には急いで那珂川の河川敷に移動を行い、佐川急便経由の「支援物資」が到着するので、受け取りの準備が始まりました。

12226520_921356507951586_1550655117_n

参加人員が増えても統率が取れるようにと、今回から各部隊の隊長と小隊長を定めてから、行動することになりました。

バイク部隊は阪入さんが務め、空挺部隊は真藤さんが務めることになり、各隊長の下には小隊長が数名づつ配置されました。

小隊長は、隊長が任命することで複数の部隊編成を行い、走行ルート確認と、仮想被災地に運び込む「支援物資」がそれぞれに分配されました。

12233364_921356531284917_909645406_n

12200984_921356517951585_1419385012_n

12233013_921356514618252_657716046_n

空挺部隊は、小雨が降り、風も強い悪天候だったので、河川沿いに河口まで下るルートから、直線距離で山頂を飛び越えて、仮想被災地の美波町に向かうルートに変更しました。

逐一、雲行き、風向き、風速などの専門的な気象情報を取得しながら、何度もブリーフィングして、フライトジャケットに身を包む4人の連携を深めていたのが印象的でした。

12233277_921356644618239_882066244_n

一体何が行われているのかと、興味を抱いた関係者が集まり、しきりと覗き込んでいました。

12205015_738874389550776_1754535426_n

12207925_921356651284905_564193881_n

この訓練を、今後のために如何に活かすかを編纂する、学術界の先生方も真剣な顔立ちで集まりました。

神戸学院大学の前林教授、DMATの指導を行う中田教授、DMATの医師、徳島県庁の職員さん、阿南市の防災担当 宮本さんは、第一回のイベント開催から細やかな段取りを手伝いしてくれました。

12231701_921360574617846_1529135493_n

12226382_921360581284512_747756959_n

12231148_921356624618241_95002277_n

出発前の準備ですべてが決まる「段取り八分」。

余念のない其々の作業を、ショット写真でご覧ください。

12231272_921360571284513_396901102_n

12231397_921356521284918_47409006_n

12226567_921356641284906_476123402_n

12212388_921356564618247_1010779000_n

12212359_921356674618236_49329840_n

12212351_738874229550792_879845371_n

12208047_921360544617849_606563968_n

12231104_921356571284913_1850169342_n

12207974_921356574618246_1781589614_n

12205015_738874389550776_1754535426_n

12233510_921356647951572_145990246_n

12233013_921356514618252_657716046_n

12233377_921356597951577_1990103728_n

12231523_921356614618242_199775851_n

12226832_921356524618251_47015856_n

12212515_921356621284908_1663322027_n

12211986_921356634618240_1921755414_n

12208047_921360544617849_606563968_n

12212477_921360564617847_387629414_n

”SPORTS RESCUE” で、想いをひとつに、世界はひとつに。

Menu

HOME

 TOP